• サマーニット 白い ニット お手入れ タイミング ?

     

    今年は春になっても寒い多かったですね。

    でも、春服を着始めたのが4月だとすると、もう2か月がたちました。

    春服をおろしてから今日まで、お洋服のお手入れ、タイミングが分からない・・と困っていませんか?

     

    今日は「サマーニット 白いニット、お手入れのタイミング?」のご紹介です。

     

    この服はクードシャンスのサマーニット。私が普段、仕事着として着ている服です。

    今日、ランチでお蕎麦を食べたら、うっかり、シミを付けてしまいました・・・。

     

    服のちょうど真ん中あたりに、ポツンとシミがあるのが分かります。

     

    シミを付けたことに気づいたけれど、おしぼりで拭くとか、水で洗うとかはしません。

    輪ジミになると困るからです。

     

    付いてしまった食べ物のシミは、プロならたいがい落とせますが(お茶やコーヒーなど難しいものもありますが)、輪ジミになったものは、実はプロでも落とすのが難しくなってしまうんです。

    …理由はちょっと複雑なので、また次回にしますね。

     


    シミの付いたニットは、私はそのままクリーニングに出します。

     

    後で詳しくお伝えしますが、「クリーニングのきっかけはシミが付いたから」。

    今回はシミがお手入れの背中を押してれました♪

     

    実は、このニット、2,3回着ているんです。はじめて袖を通してから、10日~2週間ぐらい経ちます。

    汗の量が少なくて済む、車での外出日に着ていました。

    帰宅後はすぐに部屋着に着替え、ニットはハンガーにつるして風を通し、湿気を飛ばしてからクローゼットにしまっていました。

     

    全体としては目立つ汚れは少ないですが、襟元がやっぱり、結構汚れています。

    襟の背中側は汗の汚れ、前の方はファンデーションを含んでいます。

     

     

    脇の汗も気になります。

     

    まだ目立つ黄ばみは出ていません。

     

    でも汗を含んでいるのは間違いありません!

    まだ黄ばみが目立たないこのタイミングでクリーニングして、汗とファンデーションなどの脂汚れをきちんと落とす!

    タイミングを逃さないことが、キレイに着続けるポイントです!


    これ以上着てしまうと、襟元の汚れが定着して茶色く変色してきたり、脇など、汗を多くかく部分が黄色くなってしまいます。

    白さがくすむと、清潔感が失われてしますよね・・・。

     

    ちょっと逆説的ですが、

    「シミ抜きをきっかけに、服をキレイに着続けるために、クリーニング」します。

     

    「シミが付いたからクリーニングでシミ抜きをお願いする」ではなく、

    気持ちよく着続けるためにクリーニングを利用します。

     

    ファッションケア ?は、

    「いつもキレイに整った服を自分らしく、気持ちよく着る。」ことです♪

     

    ささやかだけれど、豊かな毎日を過ごしたい。

    お手入れを通してそんな日々をお届けしたいと思っています♪

     

    今日は「サマーニット 白いニット、お手入れのタイミング?」についてでした。

     

    最後まで読んでいただいてありがとうございます!

     

    ********************

     

    クリーニングのエキスパートがあなたの大切なお洋服をお手入れいたします。

    ニックは、70年の歴史のある、横浜を中心に13店のお店をもつ ファッションケア ニックが母体です。

    実店舗だけのとき、ぜひお手入れをして欲しいと、わざわざ遠くから送っていただくお客様が後を絶たなかったため、クリーニングにお悩みを持つ方のお役に立ちたい一心で、宅配クリーニングを始めました。

    https://www.fashioncare-nic.com/sp/

    2019/06/07