コート 袖内側の汚れ

  • ビフォー
  • アフター
  • コートの袖内側の汚れが気になるお品物です。
    お召になれてから時間が経っていたようです。
  • 繊維の中からしっかりと洗浄し、すっきりと汚れを取り除きました。
    落としきれなかった汚れは、検品後、職人による丁寧なしみ抜き技術によりきれいにになりました。

手首は案外汗をかきます。袖口は摩擦も多い部分なので、気付かないうちに内側も汚れています。
汗の汚れはドライクリーニングのみでは落ち切らず、時間が経って黄ばみが発生する場合もあります。
衣替えなど保管する前に、しっかりとウエットクリーニングで汗の汚れも取り除いておくことが大切です。

パンツ 座りじわ

  • ビフォー
  • アフター
  • パンツの座りじわが深く入ったお品物。
    しわがいつも決まった場所にできるので、数回はいて、しわが気なり始めたらお手入れのタイミングです。
  • 洗浄後、しっかりプレスをすることで座りじわがなくなりました。
    ネル生地で起毛したパンツですので、プレスを強く当ててしまうと生地がペシャンコになり、テカリや当たりが出でしまいます。
    しわをしっかり伸ばしつつ、生地はふっくら仕上げる。目利きと技術が求められます。

座りじわはいつも同じ場所にできます。
あまり長い間お手入れせずにいると、生地にクセが付いてしまい、いくらプレスをしても伸びなしわになるので注意が必要です。
しはは凸凹部分、それぞれに摩擦によるダメージで繊維がキズつき、白く浮いて見えます。
しみや汚れがなくても、しわが気になり始めたらお手入れするタイミングです。

パンツ裾 黒ずみ

  • ビフォー
  • アフター
  • 白いパンツの裾が黒く汚れていたお品物です。
    パンツの裾は摩擦による黒ずみが起きやすい部分。靴墨が付いてしまうこともあり、汚れが気になる部分です。
  • 洗浄の工程で、繊維の中からしっかりと汚れを取り除きます。
    取りきれなかった部分は、職人による丁寧なしみ抜きで、きれいにいたしました。

摩擦の多い裾は、繊維の奥に汚れが入り込んだり、生地が傷つくケースがあります。
ニックは、洗浄でしっかりと汚れを落とした後、検品作業を行います。
検品で発見されたしみ、汚れは、職人による丁寧なしみ抜き技術により、きれい落とします。

ワインのしみもきれいになりました。

  • ビフォー
  • アフター
  • 白いパンツに赤ワインのしみを付けてしまいお困りでした。
    しみが付いてから時間の経っているようでしたが、できるかぎりしみ抜きいたしました。
  • 赤ワインのしみはキレイに落ちました。
    職人による丁寧なしみ抜きにより、時間のたったしみも完全に落とすことができました。

赤ワインは水溶性の汚れなので、ドライクリーニングだけでは落とすことができません。
しみ抜きの技術が求められます。
しみは時間が経つほど繊維の奥に入り込み、酸化し、定着してしまいます。
しみを付けてしまったら、できるだけ早くプロによるしみ抜きがおすすめです。

ビーズのカーディガン

  • ビフォー
  • アフター
  • 美しいビーズが装飾されたカーディガン。
    ビーズが外れてしまったり、ダメにされてしまうことを心配されておられました。
  • ビーズには細心の注意を払い、美しい状態でお仕上げいたしました。
    光に反射した輝きにくもりがないのは、きちんと洗浄し洗剤などの残留がないからです。

ビーズやビジューはおしゃれポイントです。一つでも欠けたり、ダメになってしまったら、もう着られないかもしれませ。
お手入れは良い状態を保ち、長く心地よく着るためにすること。
技術者は良く理解して、細心の注意を払いながらお手入れいたしております。

チュールのスカート

  • ビフォー
  • アフター
  • 全体に小花の刺繍がされた繊細なチュールです。
    シックでデリケートなスカートを大切にお召のお客様です。
  • チュールは細心の注意を払い丁寧にお手入れいたしました。
    小花の刺繍は立体感を出るようお仕上げいたしました。
    裏地もシワのないようプレスをし、美しいシルエットをよみがえらせました。

チュールのスカートは女性らしさを演出してくれます。大人の女性こそ楽しんでいただきたいアイテム。
大人が着るときには、清潔感とシルエットがきちんとしていることがポイント。
プロのお手入れを上手に使って楽しんで欲しいアイテムです。