• 更新日: 2021年8月17日

    洗濯機のドライコースとドライクリーニングは違う?

    ジュネさん
    宅配クリーニングニックのお手入れニスタ
    70年以上続く宅配クリーニング店ニックで、お手入れ二スタとして活動中のジュネです。お手入れ歴は20年、4人家族+猫2匹で横浜市で暮らすお母さんです。家事は合理的で、仕事は生活感が出ないよう試行錯誤した経験とファッションケアのプロの観点から、お洋服のお悩み解決法をご紹介させていただきます。
    保有資格:ライフオーガナイザー®2級

    ご家庭の洗濯機にはドライコースがついていますよね。

    ドライコースとは

    デリケートなお洋服やより大切に扱いたいものを優しく丁寧に洗うコースです。

    手洗いの洗濯表示がついている場合はできるだけ手洗いをするべきですが、

    忙しいとなかなか難しい!

    そんな時にドライコースを頼ったりなども出来ます。

    型崩れが気になるワンピースやスカートなども適しています。

    ドライ、というとドライクリーニングも連想できますね。

    ドライクリーニングとはドライ溶剤でお洋服を洗う方法です。

    洗っている液体そのものが洗浄液となっています。

    つまりお水に洗剤をいれた状態で洗うお家洗いのドライコースと、

    水を使わずドライ溶剤で洗うドライクリーニングは全くの別物です。

    お家洗いとドライクリーニングでは落とせる汚れが違います。

    お家洗いは水溶性の汚れを落とすことに適しています。

    皮脂意外の汗やジュース、スープなどです。

    ドライクリーニングは油溶性の汚れを落とすことに適しています。

    皮脂汚れ、食べこぼし、化粧品やボールペンなどです。

    クリーニング店はドライクリーニングを行っていますが、

    水溶性の汚れを落とせるウェットクリーニングも行っているところは多々あります。

    ニックはドライクリーニングもウェットクリーニングも両方行っているため、

    水溶性の汚れもしっかり落ちるのでご安心ください。

    高級ブランドのこだわりクリーニング
    なら宅配クリーニングニックへ
    おまかせ!
    宅配クリーニングニックの保管付き基本パック

    ニックのドライクリーニング

    ニックでは洗浄液を何度も使うことなく、

    常に新鮮な状態で使用しています。

    例えばご家庭での「揚げ物」。

    油の様子を見ながら2,3回使う・・・

    なんてお家も多いのではないでしょうか?

    でもやっぱり、新鮮な油で揚げた場合の

    「からっとさ」は違いますよね。

    クリーニングでも同じ事が言えます。

    洗浄液をキレイに保つことは、

    難しく大変な手間とコストがかかります。

    揚げ油を使いまわすように、

    汚れた洗浄液を繰り返し使っているお店も少なくないのです。

    汚れた洗浄液で洗うと黒ずみや異臭の原因となります。

    こちらがニックで使用している洗浄液です。

    といっても全く見えないですね。

    透明すぎて見えないほどこの洗浄液はキレイなのです。

    ニックではなぜ洗浄液がキレイなのかというと、

    大きなドライ洗濯機の中で蒸留を行っているからです。

    洗ったあとの洗浄液を一度熱して汚れ以外を気化させ、

    冷やして液体状に戻すことにより完璧にキレイにしています。

    熱しているので菌もいなくなり、とりこぼしもありません。

    お水洗いだけでなくドライクリーニングもすると、

    汚れをさっぱりおとすことができるのでおすすめですよ。

    関連記事はこちら!

    高級クリーニング 品質 こだわりシリーズ

    クリーニング シミ抜き 無料 こだわりシリーズ

    大切なお洋服のお手入れなら
    リピート率90%以上の
    宅配クリーニングニック
    を是非一度おためしください!
    宅配クリーニングニック
    詳しくみる

    おうちクリーニング「防カビ対策」

    2021/08/17