• 汗の汚れを知り尽くすクリーニングのプロが教える 汗のシミと臭いのケアとは?

    いつの間にか8月になっていてびっくりしました。

    なんだかまだまだジメジメしていて、夏!という感じがしませんね。

    ですがやっと晴れ間も少し見えてきました。

    暑くなるとノースリーブやキャミソールの上に薄手のシャツやカットソーを着るだけ、
    そんな装いの女性が多くなりますね。

     

    肌に直接衣類が触れるので、脇や首回りにはどうしても汗が付着します。

    汗ジミ、臭い、とても気になりますよね。

    どんなケアをすれば、お気に入りのお洋服がきれいに保てるのか、

    汗の汚れを知り尽くすクリーニングのプロが毎日の汗のケアについてご紹介します。

     

     

    着た後にそのまま放置はNG!こまめにお洗濯を!

     

    最近のお洋服は「洗えます!」という表記が付いていて、

    自宅でも洗濯できるお品物がかなり多くなってきました。

    1度着たら放置せず、汗に含まれる水分の汚れだけはしっかり落としておきましょう。

     

    洗ってもニオイやシミが残っている時は・・・

    毎回おうちクリーニングしていても、生地がゴワゴワしたり、しみ込んだ汗のニオイやシミがお洋服に残ってしまうことがあります。

    実はこれ、汗に含まれる油分の汚れ。皮脂や脂肪の汚れです。

    皮脂や脂肪の油汚れは水洗いでは落とせません。

     

    汗の大半は水分です。水分は水で落ちますが、皮脂の汚れや外気にむくまれる油汚れは落ち切らず

    そのまま生地に残っています。

    皮脂汚れや油汚れをおうちクリーニングだけで完全に落とすのは、とても難しいのです。

     

    定期的にお洋服をメンテナンスをしてあげましょう

    そんなときは、プロの手を借りましょう。

    ニックのウェット洗いは家庭で落とせない皮脂汚れをしっかり落として、生地の張りを整えます。

    女性のお洋服は特にデザインを重視したお品物が多いので、

    1つのお洋服に合ったメンテナンス方法でその1点を集中して仕上げていきます。

    お客様の1着に合った最適なクリーニングを提供するのはニックのこだわりの1つです。

     

     

    おうちクリーニングをしていて「買った時と違う」、「シミやしわが気になるけどもっと着たい」

    「着る頻度は少ないけれど次の為に大切に保管したい」

    こんな気持ちになった時は是非、お気軽にご相談ください。

     

    関連記事はこちら!

    おうちクリーニング「夏のお洋服、麻と綿」

    おうちクリーニング「夏のお洋服の注意点」

    おうちクリーニング「汗染み対策の豆知識」

     

     

     

     

     

     

    2020/08/02