• 更新日: 2021年8月9日

    知っておきたいお家洗いのこと ~干し方&仕上げ~

    ジュネさん
    宅配クリーニングニックのお手入れニスタ
    70年以上続く宅配クリーニング店ニックで、お手入れ二スタとして活動中のジュネです。お手入れ歴は20年、4人家族+猫2匹で横浜市で暮らすお母さんです。家事は合理的で、仕事は生活感が出ないよう試行錯誤した経験とファッションケアのプロの観点から、お洋服のお悩み解決法をご紹介させていただきます。
    保有資格:ライフオーガナイザー®2級

    お家洗いのひと手間を知っているだけで、今までより簡単に、よりきれいな干しあがりになること間違いなし!

    ぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか?

    本日の記事のテーマ

    高級ブランドのこだわりクリーニング
    なら宅配クリーニングニックへ
    おまかせ!
    宅配クリーニングニックの保管付き基本パック

    干し方&仕上げ

    ひと手間かけてシワを伸ばす、風を通して早く乾かすのがポイント

    脱水が終わったらすぐ取り出して、パンパンとたたいて。

    たたくのは、しわを伸ばすというより、縮まないための昔からの知恵です。

    ニットを干すとき、重みで伸びてしまうのでぶら下げるのはNG。

    洗う前にニットを紙の上に置いて型を取っておき、その型紙に合わせて平干しすると、

    型崩れ防げます。

    色柄物やプリントがある衣類は、日光によって色あせたりプリントが傷んだりすることがあるので・・・

    陰干しするか裏返して干すのがおすすめ。

    保管方法

    ●ウール製品 岳で無く、合成繊維でも食べこぼしのシミや汚れ、汗などが付いていると虫食いやカビなどの原因となります。

    しまう前には必ず洗ってからしまいましょう。

    ●防虫剤を使う時は、同じ種類のものを使います。種類の違う防虫剤を混ぜて使うと、化学反応を起こし、

    液状に解けてベトベトになってしまいます。衣類にシミがついたり変色したりすることがあります。

    ●除湿剤と防虫剤を併用するのがおすすめ!防虫剤によく使われている塩素化合物が湿気と化合すると、

    ラメやビーズ、金属などの光沢を無くしてしまうことがあります。

    ●防虫剤は衣類の上、除湿剤は下のほうに置くと効果的。

    ●クリーニング後のビニールは外して片付けます。肩につくホコリが気になるときは、胸のあたりでビニールをカット!通気性を確保しながら、ホコリも防げます。

    お役にたちましたでしょうか? 自分の出来る範囲で是非実践してみてくださいね。

    関連記事はこちら!

    手洗い可でも要注意!レーヨン素材の洋服のお手入れ

    おうちクリーニング「お手入れのプロが教えるパーカーの干し方3パターン」

    大切なお洋服のお手入れなら
    リピート率90%以上の
    宅配クリーニングニック
    を是非一度おためしください!
    宅配クリーニングニック
    詳しくみる

    おうちクリーニング「カレーのシミ抜き プロが教える3つの工程」

    2021/08/09