• だから、麻のシワはすご~く目立つ!!

    夏が来ると着たくなる涼し気な麻。麻特有のシャリ感と、ペールカラーからダークカラーまでどんな色でも涼しげに装える楽しさがあります。
    天然素材の肌触りは格別ですが、汗を良く吸い取り、すぐにシワになってしまうので、気をつかう素材でもあります。
    どうしたらきちんと感をキープしながらおしゃれを楽しめるのかしら・・?仕事女子からはそんな声が聞こえてきます。

     

    折れてしまったら、もう二度ともとには戻らない・・・

    麻は水洗いできるからと洗濯機で洗ったら、シワだらけで着られなくなった!というのは誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
    それは、麻の繊維に特徴があるからです。綿などの繊維は密度があるのに対し、麻はストローのように中が空洞になっています。ストローは一度折れてしまうともとに戻らないのと同じように、麻は繊維にダメージを受けると、もう元にはもどりません。

     

    汗を吸い取る吸い取る!まるでストローそのもの!

    例えば、汗が気になるからと仕事着のブラウスを洗濯機で回してしまったら、繊維はヨレ、たたき、摩擦のダメージを受け、ポキポキと折れてしまいます。一度折れた繊維は凹凸が出てしまい、いくらアイロンで伸ばしても、綿のようにピシッとなることはありません。
    ならドライクリーニングでお手入れしよう!と思うかもしれないですね。確かにドライクリーニングは形状変化をおこさないのがメリットなので、”繊維を傷めない”という面からは正解です。でも、麻は天然素材の中でもとても良く水分を吸収するのが特徴。キッチンまわりのフキンにリネン(麻)が多く使われるのは、その吸収力がすぐれているからです。
    麻の服も同じように汗を良く吸収しています。汗の98%は水分。ドライクリーニングは油汚れは良く落せても、水溶性の汗を十分に落とすことはできません。

     

    2度も3度も楽しめる♪麻ならではの長いお付き合い

    新品の間はできるだけ丁寧にキレイに着たい!それには毎回プロに任せるのが理想ですが、それもなかな難しいものです。日常的なお手入れは、繊維を傷めないようできるだけ優しく水洗いし、脱水せずに干しましょう。乾いたら高温のアイロンでしっかりプレスをしておけば仕事着としても十分キレイに装えます。2回お家洗いしたら3回目にはプロによるウエットクリーニングで水溶性の汗も皮脂などの油溶性の汚れもしっかり落として、麻本来の美しさをよみがえらせておきましょう。
    2、3年経ってシワや毛羽立ちが気になり始めたら、仕事着の定番から外し、くつろいだ気分の休日に着るお気に入りの一着として末長くお付き合いしていきましょう。きっと肌にしっくりとなじんでくれるはずです。

     

     

     

     

    麻は質感、色、機能と夏だからこそ楽しめる特別な素材。高級品でもある麻は憧れの素材でもあります。新品には新品のとき特有の気品を楽しみ、そのあとは肌にしっくりと優しくなじむ質感を楽しむ。麻は毎夏少しずつ表情を変えながら、一生楽しめるかけがえのない素材ですね。


    llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

    長年の実店舗での信頼と実績をもとに、
    宅配によるクリーニングサービスを開始。
    大切な服を長くキレイに心地良く着る、新しいお手入れ習慣を提唱。
    ニックは”テイストを大切にする大人のためのお手入れ”。
    ファッションケアサービスです。

    お問い合わせはメールか電話でお気軽に!
    メールはこちら

    TEL : 042-851-7645
    平日10:00~17:00

    お客様の声はこちら
    TOPへ
    llllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllll

    2016/08/10