• 女性に大敵!夏の寒さ対策のカーディガン

    太陽はギラギラ!外はいかにも暑そう!!でもクーラーの効き過ぎが心配で外出するときは温度調整用のカーディガンを必ず持ち歩く。そんな習慣のある女子も多いのではないでしょうか。
    「寒かったとき用」のカーディガンだから、着たまま外出することは少ないし、アイテムとしてはサブ的役割。お手入れは後回しになりがち・・みなさんはどんなタイミングでクリーニングされていますか?

     

    なんか不潔?!失われた清潔感・・

    夏の長袖は見た目に暑い!だからカーディガンの色は涼しく見える白や薄色が多くなりますね。
    夏用のカーディガンを何枚もそろえるのはクローゼットの肥やしになるので、限られた枚数をローテーションで回したり、一枚のカーディガンをヘビロテしたり。中には、同じカーディガンを職場のロッカーに入れて、毎日着ている。なんて人もいるかもしれません。

     

    タオルと同じ!汗の吸い取り役になってない?

    温度調整用のカーディガンは、一日の中で着ている時間は案外短いもの。移動中は手に持ったり鞄に入れて持ち歩くことが多いですよね。
    カーディガンを手に持ったり腕にかけたりすると、思っている以上に汗を吸収しています。気がつくとくすみや黄ばみが出ていたり、シワが寄ってクッタリしてることも。
    夏のカーディガンは、サブ的役割の「はおりもの」なので、うっかりすると長い間洗わずそのまま過ごしてしまいがちです。自分では気づかない間に清潔感が失われ、せっかくのおしゃれが残念な結果になっていませんか?

     

    汗を残さず、美しさをキープ!

    日常のお手入れは、帰宅後、ハンガーにかけて風通しの良いところで汗の水分を飛ばしましょう。
    夏のカーディガンは綿、麻が中心なのでお家洗いできるものもあります。汚れの状況を見て、手洗いしても大丈夫です。でも、細かいシワが入りやすいので、脱水はしないか弱めにして、形を整え、よくシワを伸ばして干しましょう。
    干した後はアイロンを当てるのがポイント。外から中心に向かってアイロンを滑らせます。できれば完全に乾ききる前の生乾きの状態でアイロンをかけるのがベター。キレイに仕上がります。
    水洗いを繰り返すとどうしてもヨレやくすみが出てしまうので、シーズン中1、2回はプロに任せるとキレイが保てます。
    でも、初洗いや繊維の細いもの、光沢のあるものはお家洗いは避け、プロに任せる方よいでしょう。

     

     

     

     

    持ち運びも便利で、サッと羽織れる夏のカーディガンは温度調整がメインになりがちですが、その日のおしゃれを2倍楽しくしてくれる頼もしいアイテムでもあります。
    袖を通さずはおるのも大人の女性の雰囲気を漂わせてくれるし、明るい刺し色のカーディガンを肩に掛けておしゃれのメインにするのもいいですね。
    おしゃれの幅をぐっと広げてくれるカーディガン。夏らしいおしゃれでいろいろな表情をお楽しみください。

    2016/08/17