• 衣替え スムーズな順番ご存じですか?

    春の訪れが遅い年も、葉桜が過ぎればもう初夏の雰囲気。新緑が目を楽しませてくれる季節がスタートします。
    おしゃれな人は春服を取り入れるのも早く、3月頃からどんなに寒くても、ダウンや厚手のコートは着なくなります。
    着なくなった冬服の衣替え、スムーズに行うにはどうしたらいいかご存知ですか?

     

    衣替えのスタートはダウンやコートから!

    春を印象付けるトレンチコートやブルゾンを着始めたら、

    冬を象徴するアイテム、厚手のダウンやウールのコートは、もうしまう時期です。
    着なくなったダウンやコートは、早めにクリーニングに出して、湿気や防虫対策を行ったクローゼットにしまいます。
    大きなアイテムをしまってしまえば、クローゼットに空間が出来て、春夏の服を入れることができるので合理的です。

     

    GWはスーツの衣替えを!

    新年度のバタバタから解放され、家事にゆっくり向き合えるGWは衣替えに最適な時期です。
    まずはスーツのクリーニングをしっかりと行いましょう。
    スーツは3シーズン着られるものが多く、クールビズまで引っ張りたい。という心理が働くせいか、案外長く着てしまうアイテムです。
    GWが明ければもうクールビズ。スーツはしっかりとクリーニングしてしまいましょう。
    衣替えのポイントは、襟や袖の汚れをしっかり落とすことはもちろん、
    ボタンのゆるみ、裾のホツレなども確認して、今のうちに整えておきましょう。
    次のシーズン整ったスーツに袖を通せば、仕事へのやる気に差がつきます。

     

    合理的な衣替えのススメ

    ウール素材やタートルネックのように冬を代表する服は着なくなるのも早いアイテムです。
    時期を決めて、順次クリーニングするのがおすすめです。
    色も春はピンクやオレンジなど、キレイめな色へと変わっていきます。
    黒や紺、チャコールグレーなどの濃色も、ある程度で見切りをつけ、衣替えをしてしまいましょう。
    服を切り替えると気持ちも切り替わるのでおすすめです。
    気を付けたいのが、トレンチコートや薄いカーディガン、ストールなど。
    季節と季節の間に着る合服は、夏がスタートする前にもう一度点検し、忘れていたらクリーニングに出しておきましょう。

     

     

     

     

    衣替えの柱はコート、スーツ。二本柱を据え、セーターやマフラーなど軽いアイテムは素材を見ながら順々に出すとスムーズに衣替えが終了します。
    衣替えは次のシーズンにキレイに着るために必要な生活習慣。汚れを付けたままクローゼットにしまってしまうと
    カビや虫食いなどを発生させてしまい、どうにも手の施しようがない状態になってしまいます。
    クローゼットをキレイに整えれば毎日を気持ちよく過ごせ、次のシーズンも快適に迎えられますよ!

    2017/04/10