• 白い ワンピースを 白く 着続けるには?

     

    こんにちは!ネットショップニック薄井です。

     

    「お気に入りの白いワンピースを白く着たいのですが、どうしたらいいですか?」

    そんなお悩みと共にガーゼのように柔らかい、夏らしい白いコットンワンピースをお預かりしました。

    白を白く着るって、なかなか難しいことですね。

     

    白は汚れを定着させないこと

     

    白さをキープするポイントは、汚れを定着させないことです。

    白の場合、黄ばみが出ると他の色や柄ものよりも目立ちます。

    黄ばみは2週間経過すると目立ってきますが、一番わかいやすいの白服の襟もとです。

     

     

     

     

    襟もとは汗や整髪料、日焼け止などの油を含んでいるので、お洗濯だけでは落とし切らない汚れです。

    落ち切らない汚れが繊維に残って、白を黄ばませ、くすみの原因になり白ならでは、の清潔感を失わせます。

     

     

     

    油と水 性質の違う汚れを両方落す

     

    白を白く着続けるには、ときどきプロにウェットクリーニングしてもらうのがコツです。

    理想は、ドライクリーニングとウエットクリーニングの両方をしてもらい白を取り戻します。

     

    ドライクリーニングは皮脂や化粧品の”油汚れ”を落とします。

    ウエットクリーニングは汗の水分など”水溶性”の汚れを落とします。

    二つの性質の違う汚れを落とすことで、白の本当の白さを取り戻します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    美しくシルエットを整えて

     

    白服の場合、ウエストのギャザーが黄ばんでいるとくすみに見えてしまいます。

    洗いざらしではギャザーは整わないし、自分でアイロンをあてるとへんなところにシワがよったり、立体感をだせなかったりします。

    プロの手をいれることで、白本来の白を取り戻し、立体的でふっくらとした美しいシルエットに整います。

     

    服を着たときの美しさは、単に汚れがない、ということではなく、見た目が美しく、人に好印象を与えること。着ている自分が気持ちいいと感じられること。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    白い服は白く着る。清潔感とシルエットを整えて美しく着る。

    そんな気持ち良さを感じながらおしゃれを楽しみたいですね。

     

    白服のお手入れに困ったら、ニックをご検討ください。

     

    今日のテーマは、「白い ワンピースを 白く 着続けるには?」」でした。

    最後まで読んでくださりありがとうございました。

     

    関連記事はこちら:「白い服 夏服のクリーニング しまい洗い

     

     

     

    ファションケア ネットショップ ニックは、キレイの先にある幸せをとどけます。
    汚れたから洗うクリーニングから
    いつも整っている、お気に入りをキレイに永く着続ける ファッションケアへ。

    横浜を中心に13店のお店と30人のクリーニング師(国家資格)がきめ細やかにお洋服を丁寧にお手入れします。
    遠くでクリーニングにお困りの方へ宅配でサービスをお届けします。

    2019/09/15