• 更新日: 2021年8月17日

    おうちクリーニング「ネットに入れてお洗濯」

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    冬のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    洗濯機で洗う時、ネットに入れて洗濯をしていますか?

    ネットでのお洗濯にはこんな効果があるのです。

    生地の劣化防止

    洗濯機の中に衣服を直接入れて洗濯すると、摩擦が生じて衣服の劣化に繋がります。
    摩擦を減らし、傷みにくくなります。

    衣服に付いた金具や装飾の保護

    衣服の飾りやブラジャーのホックが洗濯中に取れないように保護する役割があります。
    ほかの洗濯物を傷つけないように守る効果もあります。

    繊維付着の防止

    ネットに入れずにお洗濯すると、洗濯中に槽壁のボコボコとした出っ張りに擦れて削られた衣類の繊維=白いホコリのようなものが付着することがありますが、それを防ぐ効果もあります。
    また、素材的に糸がほつれやすいものや毛羽立ちやすいものをネットに入れることで、ほかの衣服に糸や毛が付くことも防げます。

    型崩れやシワの低減

    衣服同士が絡まりにくくなります。そのため型崩れしにくくなり、シワも減ります。
    乾いた後のアイロンがけも、かなり楽になるでしょう。

    ネットを使う効果はかなりあるのだなぁ。と私は毎日ネットを使っています。

    こんな効果もありますよ

    以前、プロの方のお話で家族各々が大きな洗濯ネットに入れるというものでした。

    すべての物をネットにいれてお洗濯したら汚れが取れないよね?
    と私も思ったのですが、お洗濯物をそのまま入れると洋服やタオルが絡まってしまい、
    絡まってしまうとその部分がきちんと洗われないのでかえって良くないのだ
    ということを聞きました。

    洗濯機に家族それぞれのネットを色分けして吊るして、

    脱いだらネットに入れるという方法です。
    脱いだ服がそのままだったり、洗うの?洗わないの?
    ということがなくなりとても便利になりました。

    そのままなのはタオルだけなので絡まることはありません。
    量がかなり多いときはタオルだけのネットを作っています。

    シャツは1枚ずつネットに入れて、の袖を、正面でクロスするように畳んでネットに入れます。
    袖口をめくって内側部分を出しておくと、袖口の汚れが取れやすくなるためおすすめです。
    襟はシワが付かないように立てておくと良いですね。

    家族各々がネットに入れる利点として干すときです。
    女性なら下着だけすぐ取り出せたり、子供の靴下の相方を
    洗濯層の中から探し出す時間がなくなりました。
    タオルもすぐ取り出せて便利です。

    誰の洗濯物なのかわかるだけで、作業導線が簡素化されたような気がします。
    今は100均でもいろいろな形のネットが売られています。
    なので家族別だけならず、色別、素材別、その後の導線別と工夫次第で
    お洗濯が楽になるかもしれませんね。

    ぜひお試しくださいね。

    関連記事はこちら!

    おうちクリーニング「汗染み対策の豆知識」

    おうちクリーニング「ニットの干し方」

    子育て中のママ必見!家庭でできる、カレーのシミ抜き3手詰め♪

    2021/08/17