• 白いレースのブラウスをずっと白く着るコツ

    「白いレースのブラウスを来年も新品みたいに白く着たいです」
    少し黄ばんだブラウスとともにそんなお手紙をいただきました。

    白いブラウスを白く着るって、実はとっても難しいですね。

    白は汚れを定着させないこと

     

    白を白く着るためのポイントは、汚れを定着させないこと。
    特に汗をそのままにしないことです。

    白いお洋服は、黄ばみが出てしまうと、他の色や柄ものよりも目立ってしまい、清潔感がなくなってしまいます。

    一番わかいやすいのが襟や脇です。

    襟もとは汗や整髪料、日焼け止などの油を含んでいるので、お洗濯だけでは落とし切らない汚れです。
    落ち切らない汚れが繊維に残って、白を黄ばませ、くすみの原因になり白ならでは、の清潔感を失わせます。

    油と水 性質の違う汚れを両方落す

     

    白服を着たらすぐに洗濯をしても、気が付くとうっすら黄ばんできます。

    白さをキープするには、ときどきプロにウェットクリーニングしてもらうのがキレイにコツです。
    理想は、ドライクリーニングとウエットクリーニングの両方をしてもらい白を取り戻します。

    ドライクリーニングは皮脂や化粧品の”油汚れ”を落とします。
    洗濯だけでは落としきれない”油汚れは”は繊維に残り、黄ばみの原因となります。

    ウエットクリーニングは汗の水分など”水溶性”の汚れを落とします。

    二つの性質の違う汚れを落とすことで、白の本当の白さを取り戻します。

    レースは美しいシルエットを整えて

    白さを取り戻したらシルエットにも気を配りたいものです。

    特にレースは糸が細い部分と厚い部分があるので、どうしてもヨレてきます。
    もしも手洗いしているとしたら、洗いざらいではシルエットはキレイ出せません。


    自分でアイロンをあてると、へんなところにシワがよったり、立体感をだせません。

    プロの手をいれることで、白本来の白を取り戻し、立体的でふっくらとした美しいシルエットに整います。

    季節の終わりは白さを取り戻す

     

    9月に入ると、白い服は着にくくなりますね。
    着にくい、と感じたら、しまい洗いのタイミング。

    白い服は季節の終わりは、プロの手で油汚れと水溶性の汚れ両方をキレイにしておくと
    黄ばませることなく、次のシーズンを気持ちよくスタートできますよ。

    2020/09/20