• 衣替えの時期ウール、麻、カシミヤ、レーヨンなどには気を付けて

     

    衣替えの時期が近づいて来ました

    9月に入ってもまだ暑い日が続いていましたが、朝晩は涼しくなって更に今日は日中も涼しくなってきましたね。

     

    朝起きてさて、今日は何を着よう。と考え込んでしまいました。

    寒さは急にやって来ますね~

     

    そして、そろそろ衣替えの準備が始まろうとしています。

    白い物、ノースリーブ、麻の生地の物など、

    夏の色や形、素材と思い切り夏を感じさせるものは出番が無くなりそうな予感。

     

    そろそろ衣替えに向けて、クローゼットの整理始めませんか?

    とは言っても私自身、もしかしてまた暑くなるかもしれないとなかなか思い切りが付かず、

    だらだらといつまでも白いブラウスをクローゼットにかけておいては結局着なかった…

    となることが多いので、まずは準備だけでも始めておこうと思います。

     

    「水洗い不可」マークには気を付けて

     

    家で洗えるものと洗えないもので分けておくのも良いですね。

    絹・レーヨン・キュプラ、ウール、麻、カシミヤ、皮革・毛皮製品、ちりめんなど

    このような素材はクリーニングに出しましょう。

     

    このような素材が家で洗えないのは、水洗い不可という場合が多いです。

    「水洗い不可」マークとは、字のごとく「水を使って洗えないので、家庭での洗濯禁止」

    を表すマークのことで、洗面器のような形にバツ印の絵が洗濯表示に描かれています。

     

    「水洗い不可」マークの洋服を洗濯するとどうなるのかご紹介します。

    縮む

    ウール、麻、カシミヤ、レーヨンなどの繊維は、水に濡れると繊維が絡まって縮みやすく、シワもつきやすいのが特徴です。なかには洗濯できるものもありますが、水洗い不可ならおうちでの洗濯は避けた方が無難です。

     

    色落ちする

    革や麻、シルクの繊維は水で濡れると色落ちしやすく、また、シワがつくと元に戻りにくい特徴があります。さらに革はカビも生えやすいので扱いに注意が必要です。

     

    表面が毛羽立つ・シワができる

    キュプラやレーヨン、アセテート、麻などは表面が毛羽立ったり、シワがつくとなかなか取れなかったりする特徴があります。

     

    このようなマークを見ながら衣替えの準備を始めていきたいですね。

     

    関連記事はこちら!

    白いレースのブラウスをずっと白く着るコツ

    シルクのお手入れ プロでも難しい!?

    クリーニングの洗濯表示

     

     

    2020/09/22