• 更新日: 2021年8月9日

    プロが教える!アイテム別の保管方法

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    アイテム別、保管方法のアドバイス

    お洋服をしまうとき、クローゼットや収納ケースにそのまま入れていませんか?

    アイテム別に分けて保管すると、お洋服が長持ちしますよ。

    それぞれのオススメな保管方法をご紹介します。

    〇スーツ

    スーツは、着用毎に洗濯はなかなか出来ないものです。なので、かなり汗を吸っています。

    冬場は寒いから、あまり汗が気にならないと思いますが、電車や社内は暖房が効いていて、

    思っているより汗をかいています。

    ズボンの太もものあたりを触ってみて、生地が硬くなっていたら、汗を吸っている証拠です。

    汗をしっかり落とすことも大切です。

    着用後は陰干しして湿気を十分に取り除き、クローゼットに吊るすのが最適です。

    衣替えの時は、不織布のカバーで保管すると良いです。

    〇ニット、セーター

    畳んで収納しましょう。

    ハンガーに掛けると、襟や袖が伸びてしまうので注意が必要です。

    防虫剤の成分は下にいくので、防虫剤を使用するときは、引き出しの一番上に置くようにしましょう。

    また種類の違う防虫剤を使用すると、成分が混ざり変色の原因になります。

    違う種類の防虫剤は使わないようにしてください。

    〇コート

    重みで、型崩れがしやすいです。

    肩にあった幅の広いハンガーに掛け替えて、吊るして保管します。

    クリーニングをしてキレイな状態でも、クローゼットがパンパンだと、

    通気性が悪くカビの原因にもなります。クローゼットの中は、8割が目安です。

    〇帽子

    型崩れを防ぐために、中にタオルか丸めた紙を詰めて収納します。

    大切な帽子なら、1つずつ箱に入れて保管します。

    梅雨の時期は要注意

    昨年は長梅雨で、クローゼットに保管していたお洋服にカビが生えてしまったお客様が、多数いらっしゃいました。

    特に着る機会が少ない、フォーマルスーツにカビが生えてしまって、お困りのお客様が多かったです。

    ニックのVB加工は、菌やウイルスを抑制します。

    次回洗濯するまで効果が持続するので、フォーマルスーツや学生服、コートやマフラーなどにお勧めです。

    クリーニングのビニールの包装紙はどうしていますか?

    クリーニングに出して返って着たお洋服は、ビニールの包装袋に入っています。

    これは、クリーニング店で保管している時の、ホコリよけのためのものです。

    そのままクローゼットに吊るしてしまうと、通気性が悪くなり、カビ発生の原因になります。

    必ずビニールの包装袋から出して保管して下さい。

    コートやワンピースなどハンガーで保管するもので、ホコリが気になる場合は不織布の包装紙に変えるのがベスト。

    ない場合は、ビニールの包装紙でも、肩下くらいでビニールの包装袋をカットして使用しても良いです。

    保管するスペースがない・・・自宅で保管していてもカビや虫食いが心配・・・

    家の構造上、どうしても湿気がたまりやすい・・・

    保管で心配な時は、ニックの保管オプションもございます。

    関連記事はこちら

    スタイリスト 服部ちづさんとの対談♪ 衣替え編①

    2021/08/09