• 梅雨入り前にしておきたい!冬物のお手入れ再確認で気持ちもスッキリ!

    GWはいかがお過ごしでしたか。

    さて、GWが過ぎるとすぐにやってくるのが梅雨の季節。

    冬服のしまい洗いは、ジメジメする梅雨前にすませておくのがおすすめ。大切に着ているお洋服こそ、湿気が増える前にしっかり汚れを落としておきましょう。

     

    梅雨前お手入れが大切な理由、ご存知ですか?

    汚れた服が湿気を含むと危険がいっぱい!

    梅雨の季節で一番怖いのはカビ。汚れを付けたまま服が湿気を含むとカビが繁殖しやすくなります。

    カビを長期間置いてしまうと、繊維の奥深くまで菌が侵入してしまいます。

    汚れは時間が経つと、取れないシミや変色の原因となり、元に戻らなくなります。

    中でも怖いのが汗。長時間たっが汗は黄ばみとなって現れます。汗は皮脂の汚れも含んでいるのでいやなにおいも発します。

    時間が経ち酸化した汗は色を脱色させるので、襟や脇は特に注意してくださいね。

    「カビ」も「シミ」も「黄ばみ」も、家庭洗濯では落とすことはできません。

    だから、冬服のしまい洗は、梅雨前の今!見えなくても、汚れと汗を抜いてしっかりクリーニングするのがおすすめなのです。

     

    1回しか着ていない、もしくは今年1回も着ていないのに汚れる?

    よくフォーマルなドレスやスーツ、ワンピースなど「年間を通して1回しか着ていないから大丈夫!」と思い、そのままクローゼットにしまってしまうことがありますよね。しばらくして気が付くとはっきりシミが残っていたり、独特な嫌なにおいがする。。。こんな経験ありませんか。

    まだ1回も着ていないのに少し黄ばんでいる!なんで?とびっくりされるお客様もいらっしゃいます。

    その理由は、1回でも着た洋服には汗や排気ガス、花粉などの見えない汚れがびっしり付いているからなのです。その汚れを付着させたまま密閉されたクローゼットに入れたままにすると、隣にかかっている新品の洋服や洗いたての洋服にも付着してしまい、カビや汚れを繁殖させてしまいます。

    だからクリーニングで汚れを落とし、シミ抜き、汗抜きをしっかり行い、カビや黄ばみを未然に防ぐことが大切なのです。

     

    しまい洗いは来年のおしゃれも楽しくする大切な下準備です。

     

    欲しかった洋服が手に入った時、それを着て出かけると気分がウキウキして自分がもっと輝き、素敵な人に出会ったり、行く場所も楽しくなったり。それは自分が輝いているから!

    クリーニングのお手入れは新しい洋服を買うのと同じ。整った服を着ることは自分をより美しく見せてくれる大切なポイントです。クリーニングの行き届いた洋服は肌にすっとなじみ、こなれた感じが更に素敵に魅せてくれますよ。

    いつもクリーニングをしてきちんと整えておくと、洋服をたくさん揃えなくても、自分らしいと思える最小限のアイテムで毎日、おしゃれを楽しむことが出来ます。

    冬服のしまい洗いは湿気を避けてお手入れする!シミ抜き、汗抜きは必ず行う。これがお手入れのポイントです。

     

     

     

     

     

    さあ、今週末に向けて冬の洋服をすべてクローゼットから出してみましょう!

    本当に気に入っているコート、ダウン、セータ、ワンピース、ストール、手袋などの小物まで1点ずつ分けてみましょう。

    来年も絶対着たい!と思うものこそ、お気に入りの冬服です。

    そのお気に入りをまずはクリーニングで整えてみてください。

    きちんとシミ抜き汗抜きを行い、風合いを戻し整ったお洋服を手にすると、気持ちまでも整いますよ!

    来年もまたお気に入り達と一緒におしゃれをして素敵な場所へお出かけください!

    2016/05/10