• スーツクリーニングに欠かせない!汗抜き対策のクリーニングできていますか?

    初夏を感じるほど良い天気が続いています。

    日中は25度を超える暑さになり、スーツやジャケットのしまい洗いのお客様が増えてきました。

    スーツをすっきり洗い、張りを戻す為にクリーニングに欠かせないのがウエットクリーニングなのをご存じですか?

     

    汗は、水洗いが一番よく落ちる?クリーニングの汗抜き方法とは

    スーツには大量の汗を含んでいます。

    首回り、袖回り、太ももなど汗をかきやすい部分は汗じみが出やすいのでプロによるウェットクリーニングが必要です。

    スーツは水洗いには適さない生地で作られていることが多く、形もしっかりしているので、家庭洗いでは生地が傷み、形が崩れたり、縫製部分がしわになったりします。

    スーツは仕事上で着る服。相手の方に見られていることを忘れずにいたいもの。

    スーツの汗を落とすには生地の傷みを最小限に抑え、きちんとプレスして仕上げられる、プロによるウエットクリーニングがおすすめです。

     

    ウェットクリーニングだけでは落ちない汚れ、どう落とす?

    ウエットクリーニングは汗の水分の汚れをキレイに落とします。

    でも、汗の皮脂は油汚れなので落ちきらず、残留してしまいます。油汚れが蓄積されるとごわごわしたり固くなったりします。

    また、外出先では排気ガスなどの空気中の油汚れが生地に付着しています。

    汗は大半が水分なので、かいてすぐはニオイもありません。時間が経ち、皮脂などの汚れが混ざると強烈なニオイを発したり、汚れやシミにかわります。

    汗の汚れ(水溶性の汚れ)と油溶性の汚れの両方をクリーニングすることが一番キレイになります。

    性質の違う汚れが両方キレイになると、スーツも張りを戻し、生地が軽くなり、着心地がよくなります。

    汚れやくすみがなくなるので色がキレイに発色し、清潔感が漂い、好印象につながります。

     

    スーツの仕上がりはプロの上質な仕上げ技術で決まります。

    格好よくスーツを着こなしているビジネスパーソンをお見かけします。そんな方は決まってスーツが身体にフィットしています。身体にフィットしているということは、しっかりスーツのラインが整っているということ。

    このラインを作るのが、プロの仕上げ技術なのをご存知ですか?

    ニックでは1着1着、クリーニング師の資格を持つプロが身体にフィットするようにラインを整え、美しく仕上げます。

    シワを伸ばすだけでなく、美しく着こなせるラインを整える技術こそプロの仕事です。

    クリーニングしたスーツを着ると背筋がスーっと伸びる!そう感じたら、どうです?やる気に満ちてきませんか?

     

     

     

     

    スーツは男性も女性もビジネスにおいて欠かせないアイテムです。第一印象を良くするためには、しっかりと汗と油と両方の汚れをクリーニングし、しみひとつない清潔感が大切!

    一日中着用していることの多いスーツ。クリーニングの行き届いたスーツを着ると、その日一日が凛とした自分でいられ、自信が持てます。

    ニックはそんな思いでお手入れし、キレイの先にある幸せを届けたいと思っています。

    ビジネスを成功に導くには欠かせないスーツにご褒美してみてはいかがですか?プロのお手入れすると気持ちまですっきりとよみがえりますよ。

    2016/05/14