• 洗濯 表示 マーク 意味「手洗いできます」

    知っているようで知らないお洗濯のポイント。
    毎日のことだからこそ、ちょっとした気配りでおしゃれがもっと楽しく、快適になりますよ。
    大切なお洋服を長く美しくたもつためのお家でのお手入れも、お気軽にご相談ください。

     

    どのお洋服にも付いている取り扱い絵表示ですが、見ても良く分からない・・という方も多いと思います。

    ニックではシリーズで、これだけおさえておけば大丈夫!というものをご紹介します。

    気になる服があったら絵表示をチェックして、ぜひお洋服にあったお手入れをしてみてくださいね!

     

     

    「手洗い」ができる

    写真の絵表示を解読してみます!
    「液温40℃を限度とした、手洗いができる」

    絵を分解します。
    ・絵(樽)・・・家で洗濯ができる
    ・手・・・洗濯機ではなく、手洗いしてね

     

    この絵には、温度をあらわす数字がありません。でも手洗いは40℃が限度、とされています。

    40℃以上の液湯で洗うと、繊維が縮んだり色落ちしたりする可能性があります。・・でも、数字がないとわかりにくいですね。

    中性洗剤(通常は洗濯用合成洗剤)で洗うものは、「洗濯機で洗えます」の絵と同様に、記号のそばに文字で書かれます。

     

    プロからのアドバイス

    ニットを家庭で洗うときは、水を通すだけにします。揉んだり、回したり、動かしたりすると繊維が絡まって縮んだり、硬くなったり、変形してしまうので注意が必要です。

    温度のイメージはお風呂の残り湯(だいたい25度)ぐらいです。温度が高すぎても縮んだり、硬くなる原因になります。

     

    【ニット洗いのヒント!】

    洗いは「プロからのアドバイス」の通りですが、それ以外のヒントをご紹介します。

    <干す>

    ニットを洗うときは、干す作業も丁寧にすることがとても大切です。

    脱水はせず、軽く絞るだけにしてください。繊維にダメージを与えないため、シワを防ぐためです。

    干し方は平干し。形をきちんと整えます。

    平干しが難しい場合は、ハンガーに干します。

    ハンガーは2本用意して、袖がダラリとならないように注意して干します。

     

    水分を含んだニットは、重くなり、伸びやすい状態です。特に袖は、伸びない工夫が必要です。

     

    <アイロン>

    手洗いしたニットはどうしてもシワが入ります。完全に乾ききる前に、低温のアイロンを当てます。

    ニットは裏表にしておきます。アイロンは外側から中心に向かうイメージで滑らせるように丁寧にかけます。

     

    ニットを手洗いしてシワが取れなくなった服や、縮んだり、硬くなった事例は、本当にたくさんあります。

    お気に入りの服が切れなくなるのは本当に残念なことなので、ブログでも随時紹介していきますね。

     

     

     

     

     

     

    2017/11/14