• 更新日: 2021年8月17日

    おうちクリーニング「汗染み対策の豆知識」

    下着は、寒い時に着るものだと思っていませんか?

    もちろんそうなのですが、実は暑い夏にも大活躍するものです。

    最近は、夏を涼しくなどとCMもやっているので
    知っている方も多いと思います。

    しかし、汗対策として下着を着ています。という人は男女共に以外にも少数派だ

    と言う下着メーカーの調査を目にした事があります。

    汗染み対策は色々とあるのですが、そもそも汗が衣類に付かなければ良いわけですよね。
    しかしながら汗を掻かないわけにはいきません。

    額の汗のように公の場では簡単に拭きにくい、脇、脚、胸の汗。

    じわじわと洋服に染み込んで、気がつけば浮き上がる汗染みになってしまいます。

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    下着を着て汗を付くのを防ぐ

    まずは下着で防いでみるのはいかがでしょうか。
    汗が衣類に付いてしまうと染みだけではなく臭いにも影響するようで、
    下着をつけていないと、シャツが臭ってしまうようです。

    女性用だと脇の汗をキャッチしてくれる形、

    男性はYシャツの第1ボタンを外しても見えないVネックやカットの深い形

    シャツに影響しない縫い目のないものや、ベージュ色の物

    など様々な形が出ています。

    水溶性と油溶性の汚れ

    それでもシャツの汚れは手強い物で、汗は防げても皮脂汚れは防げません。

    家でクリーニングをこまめにしているんだけれど、

    だんだん襟元が黄ばんできてしまうのは

    どうしてですか?ファンデーションや日焼け止めも上手く落ちないんです。

    というお声をいただきます。

    そもそも黄ばみは、衣類に残った皮脂などの汚れが酸化して起こります。

    汗は家庭用洗剤で落ちると思われがちですが、汗に含まれる「皮脂汚れ」は家庭の水洗いでは落ちないんです。

    ファンデーションや日焼け止めも水洗いでは落ちない油溶性の汚れです。

    油溶性の汚れはドライクリーニングで落とします。

    日々の汚れは家庭洗いで行い、シーズン終わりにドライクリーニングに出しておけば、

    さあ、着ようと思ったら黄ばんでいた!ということもなく安心して

    翌シーズンを迎えられると思います。

    家庭洗い+クリーニングの上手い使い方でお気に入りの衣類を

    いつまでも長持ちさせていられる秘訣だと思います。

    関連記事はこちら!

    黄ばみ えりや脇の汗じみ

    白シャツ カッコよく着こなすための「汗抜き」と「クリーニング」の関係とは?

    おうちクリーニング「黄ばみの原因と重曹」

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニングを
    お試しください!
    詳しくみる

    2021/08/17