• 更新日: 2021年8月17日

    カビた服 クリーニング店が断わる理由は?

    長梅雨からの酷暑の夏。今年の夏は、カビが発生する条件が揃っています。
    カビは多湿、高温で発生します。今年は典型的な「カビ警報発令」の夏。
    実店舗には毎日、たくさんのカビた衣類をお預かりしています。

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    まずはクローゼットを点検しましょう!

    今年の春、衣替えの時期がコロナ禍で、衣替えができなかったご家庭も多いようです。
    汚れの付いたままの衣類を、そのままクローゼットにしまっているとすると、カビが発生しやすい状態になっているので要注意です!
    カビは汗や皮脂が大好き!多湿・高温の条件がそろうと、カビは汚れたところから発生します。

    もしも、しまっておいた服が湿っている・・なんとなくカビの臭いがする。と感じたら危険信号です。
    まずはクローゼットを点検してみましょう!

    カビた服はクリーニングできない?

    カビは”菌”なので、クリーニング店の多くがお預かりを断ります。

    理由は石油で洗っているからです。

    石油はもともと菌を含む材料。カビは溶剤の中で生きることができます。
    石油で洗浄するときは、菌を抑えるために除菌効果のある洗剤を入れてクリーニングします。

    石油溶剤が新鮮な一回目の洗浄は良いのですが、石油溶剤って、実は何度も使われるんです。
    揮発性が低いため、蒸留することができないので、何度も同じ液で洗って、汚れたら捨てて新しい石油溶剤に入替えます。

    何度も同じ液で洗う石油溶剤に、カビた服を入れてしまうと、他の衣類にも付着してしまいます。
    クリーニングに出してカビ菌が付いて戻ってきた!なんてことは考えたくないですよね・・。

    日本は多くのクリーニング店が石油溶剤を使っているので、カビた衣類を預かることができず、断るところが多いのです。

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    カビは怖い!

    カビはひどくなると繊維を侵食し、毛が抜けてしまい穴が開いたように見えたり、色が脱色することもあります。

    そうなってしまうと、プロでも復元することが難しくなり着られなくなってしまいます。

    そもそもカビが家の中にあるのは衛生的とは言えません。健康にもよくありません。

    カビの発生は衣類にも暮らしにも健康にもリスクが高いので
    まずはクローゼットを点検して、冬服にカビが発生していないか確認してください。

    クリーニングが済んでいない冬服はキレイに洗い、清潔にして、カビの発生を未然に防ぎましょう。

    関連記事はこちら!

    おうちクリーニング「防カビ対策」

    カビ菌が増殖!梅雨の湿気から服を守るには?

    VB加工誕生の秘話

    2021/08/17