• マフラーのお手入れ ファンデーションや皮脂汚れが実はついています

    11月はまだ日中は暖かい日も多いですが、12月に入ると一気に寒くなり冬が来たな~!という気分になりますよね。

    寒くなるとかかせないのがマフラー。

    ニックにも続々とルイヴィトンのマフラーなどが届いており、身につける前にお手入れしておきたい方が多くいらっしゃるのを感じます。

    顔に触れやすいマフラー

    コートを着てから最後にマフラーを着用するため肌から遠い感じがしますが、意外と首や顔に直接ついていますよね。

    また寒くてたまらない時はわざと口元まであげて寒さを防ぐことも。
    実は皮脂やファンデーションがとても付きやすいアイテムです。


    ウールやカシミヤ製品は変色が始まるまでの経過日数が10~25日程度です。
    汚れが見えていなくても、1ヶ月に1回を目安に、シーズン中に3回はクリーニングに出すのがおすすめです。

    実店舗の方では、「マフラーって汚れやすいんですよ」とお伝えしたところ、「ファンデーションが付いているし、首に直に付いているから気になって」と毎週末にお持ちになった方がいらっしゃいました。

     

    汚れが落ちるだけでなく繊維に優しいドライクリーニングによってふんわり感がよみがえり、さらに喜んでいただけました。

    赤ちゃんでも安心な溶剤を使用しているため、肌が弱い方、アレルギーの体質の方でもかぶれる心配はありませんよ。

    毛玉処理も無料

    マフラーは毛玉が出来やすいアイテムでもあります。

    しかし、自分で処理するのはかなり手間がかかりますよね。

    ニックでは4種類のプロ用の毛玉取り器を使い素材の特徴や風合いを見極めながら、一点一点手作業で行うので、糸引きはもちろん、生地を傷めることはありません。

    また素材の持つ回復力を生かし、風合いや形を補正する事もできます。

    フリンジ(ひらひらしている部分のことです)のヨレなども職人の技術でよみがえります。

     

    ウイルスブロック(VB)加工でマスクがわりにも!

    ウイルスブロック(VB)加工は99.99%以上ウイルス・菌の働きを抑制する加工です。

    次にクリーニングに出す時まで効果は持続し、菌が付くのを未然に防ぐ効果があります。

     

    口元からの感染が1番心配だと思いますので、ウイルスブロック加工を施したマフラーを口元の近くに巻いておけば感染予防にもなりますよ♪

     

    関連記事はこちら!

    ウイルスブロック加工の効果

    そろそろインフルエンザが気になる!ウイルスブロックで感染予防

    ルイヴィトンのマフラーお任せください!

     

     

     

     

    2020/11/14