• 更新日: 2021年8月5日

    コートやスーツ、スカートの裏地、キュプラではありませんか? 

    ジュネさん
    宅配クリーニングニックのお手入れニスタ
    70年以上続く宅配クリーニング店ニックで、お手入れ二スタとして活動中のジュネです。お手入れ歴は20年、4人家族+猫2匹で横浜市で暮らすお母さんです。家事は合理的で、仕事は生活感が出ないよう試行錯誤した経験とファッションケアのプロの観点から、お洋服のお悩み解決法をご紹介させていただきます。
    保有資格:ライフオーガナイザー®2級

    高級ブランドのこだわりクリーニング
    なら宅配クリーニングニックへ
    おまかせ!
    宅配クリーニングニックの保管付き基本パック

    裏地にキュプラが使われていませんか?

    スカートを洗濯したら、裏地だけが縮んでしまい表の生地と長さが変わってしまった!

    なんて経験はありませんか?

    裏地にキュプラが使われている可能性があります。

    スーツやコートなどそれなりにお値段がするものの裏地にはキュプラが使われていることが多いのです。

    キュプラとは?

    キュプラの別名は「銅アンモニアレーヨン」

    原料は、コットンリンターという綿花の短い繊維です。

    本来繊維として使われない産毛の部分を使用しています。

    資源の有効活用になっているのですよ。

    宅配クリーニングニックの
    LINE限定配信のお得情報と

    プロ直伝お洋服ケア方法を配信中!
    宅配クリーニングニックLINE

    キュプラの特徴

    生地のメリットデメリットについて紹介します。

    ○メリット

    ・光沢感がありきれい

    ・なめらかな肌触り

    ・静電気がおきにくい

    ・吸湿性・放出性に優れている

    ○デメリット

    ・摩擦に弱い

    ・お水洗いが出来ない

    普段着として身に着ける文にはそれほど摩擦をおこしませんが、

    例えば、キュプラ部分に何かこぼしたり、落としたりしてシミがついてしまったとき。

    その部分を強くこすることで毛羽立ってしまいます。

    一度毛羽立ちしてしまうと元に戻りにくいので気をつけましょう。

    キュプラは基本お水洗いが出来ません。

    水に濡れると縮み、シワになりやすい特徴があります。

    洗濯表示をみるとお水洗いが出来ないと書いてあると思います。

    シミを付けてしまった!お洗濯したい・・・と思ったら

    ドライクリーニングに出すことをお勧めします。

    しかし、何度もクリーニングに出すと、料金もかかって大変・・・

    クリーニングに出す回数を減らしたい場合は、汗脇パットを付けたりして汚れない工夫をしたり、

    少しの汗ならば裏返して乾いたタオルで汗や汚れをふき取った後、風通しの良いところで陰干しすると良いですよ。

    関連記事はこちら!

    ウールコート、キレイに着続けよう

    プロが教える!シャツ・ブラウスのお手入れの3箇条

    大切なお洋服のお手入れなら
    リピート率90%以上の
    宅配クリーニングニック
    を是非一度おためしください!
    宅配クリーニングニック
    詳しくみる

    レーヨンがクリーニングだと縮まないのはなぜ?家庭洗濯できない理由

    2021/08/05