• 更新日: 2021年7月26日

    ウェットクリーニングは必要?汗抜きもおまかせください

    ウェットクリーニングという言葉をご存じでしょうか。

    その名の通り、お水洗いのクリーニングです。

    クリーニングは基本、ドライクリーニングというお洋服を洗うことに特化したドライ溶剤(油)で洗っています。

    皮脂汚れなどの油汚れはドライクリーニングならしっかりと落ちます。

    ご家庭でドライ溶液を使って洗う事は出来ないため、油汚れを落とすためにクリーニングにお洋服を出す。

    これは納得できますよね。

    では、家でもお水で洗えるのに、同じお水洗いをするウェットクリーニングは存在する意味があるのでしょうか?

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    お水洗い(ウェットクリーニング)でしか洗えない製品がある

    ニックが優しいお水洗いを始めたきっかけは、ポリウレタン樹脂加工製品の処理からでした。

    ポリウレタン樹脂加工とは、生地をコーティングしたり生地同士を張り合わせるのに使われいます。

    これはドライクリーニングをすると、接着樹脂が溶け出して表面がべたついてしまう可能性があります。

    またポリウレタン樹脂加工を施されたお洋服は劣化が早く、3年ほどすると部分的に生地がはがれ凸凹になってしまうことがあります。

    洗濯をするたびに劣化スピードが早くなるため、ご家庭の洗濯機で洗うことも危険です。

    そこで、デリケートなお品物でも傷みを抑えられるお水洗い、ウェットクリーニングをはじめました!

    優しく洗ってもらえるから、と女性に人気が高く、ドライクリーニングできないお洋服でも扱うことができます。

    汗汚れを落とすにはウェットクリーニングもドライクリーニングも必要

    汗の汚れの中には水溶性の汚れと油汚れの両方が入っています。

    そのため、ドライクリーニングだけをするクリーニング店では油汚れしか落ちず、すべての汚れを落とし切ることが出来ません。

    せっかくクリーニングに出したのに、汚れが落ち切っていないなんて残念ですよね。

    ニックではドライクリーニングとウェットクリーニング、両方を行っています。

    1回目ウェットで汗など水溶性の汚れを落とし、2回目ドライでは皮脂汚れを落とせば、汗抜きは完璧です。

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニング
    秋のキャンペーン実施中!
    詳しくみる

    ウェットクリーニングに自信があります

    洗濯表示でWのマークを見たことはありませんか?

    「家庭での水洗いに適さない繊細なデザイン・生地の製品でもプロの水洗いなら洗える」というマークです。

    ニックでは洗えるだけでなく、アパレルの製品の認定試験工場として、「ウェット表示試験工場」の認定もいただいています。

    トゥモローランド他アパレルメーカー様など、ウェット表示試験実績が多数あります。

    第三者期間が認めた高い技術がありますので、自信をもってご提供しております。

    関連記事はこちら!

    汗抜きクリーニング 自宅の洗濯機では難しい?

    目に見えない汗汚れ、おうちクリーニングで本当に落ちている?

    カビた服 クリーニング店が断わる理由は?

    抗菌ウイルス対策業界No.1
    宅配クリーニングを
    お試しください!
    詳しくみる
    あなたのお困りごとは解決しましたか?
    どうぞお気軽にメールまたはお電話でお問合せくださいね。

    ●メールアドレス:netshop@fashioncare-nic.com
    ●お電話:042-851-7645

    2021/07/26